結構面白い機種である。
シンプルな機種であり、王道の機種。

地元の店では「地獄少女」より後に導入された「プロゴルファー猿」より着席率が高い。

地獄少女もプロゴルファー猿もシンプルな機種なのに何故こうも違うのだろうか・・・
いつもずっと満席状態の地獄少女といつもずっとガラガラのプロゴルファー猿。

自分は地獄少女の席があくまでプロゴルファー猿を打って地獄少女が空いた時に移りますけどね。

そんな地獄少女。
打っててホントに楽しい。
シンプル過ぎて飽きるんじゃないかと思ったがシンプルだからこそハマった機種である。

最初は、藤商事か・・・。そうなのか・・・。
藤商事の機種は何度も何度も負け続けた相性の悪いメーカー。

また負けるだろう。

そう思いながら投資をしたら連チャンし勝てた。
演出がテンポよくて楽しいし気持ちがいい。

勝つ日もあれば負ける日もある。

負けても悔しい気持ちがなく打ってて楽しい気持ちになったからイライラせず家に帰ることが出来る不思議な機種だ。

そしてなによりも挿入歌「願いの灯 祈りの音」がイイ曲!
大当たり中、この曲にめぐり合うとテンションが上がる!!
この曲を手に入れることはできないのかな・・・。
関連記事

生活保護。働ける能力があるのに働かない人は打ち切られる?

テレビ視聴率のこと

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。