菊間千乃元アナ 事故で即代役に「1つの駒なんだ」とショック…弁護士転身
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00000063-dal-ent

元フジテレビアナウンサーで弁護士に転身した菊間千乃さん(44)が30日、大阪市内で「WOMAN EXPO」のトークショーに登場した。

アナウンサー時代の思い出や司法試験に挑戦した経緯を語り「入社当時は女子アナ35歳定年説などもあり、10年後もアナウンサーでいるのは無理だと思った。司法試験に合格して自分に付加価値を付け、40代からは報道記者としてバリバリやっていくと決めていた」と人生設計していたことを明かした。

また、1998年に情報番組「めざましテレビ」のロケでマンション5階から転落する事故に遭い「ICUで10日間の治療を終え、テレビを見ると、自分の出ていた番組にもう他のアナウンサーが出ていた。自分にしかできない仕事だと思っていたが、(アナウンサーも会社にとっては)1つの駒なんだと思った」とショックを受けたことを振り返った。

「仕事のために人生をすり減らすのがばからしくなった。今は1日1日、悔いなく生きなくちゃと思っている」と人生観を変える出来事だったようだ。

来場者には「10年後になりたい自分を具体的に考えて」などとメッセージを送った。


どんな業界でも、どんな仕事でも。

その組織の、1つの駒にすぎないですよね。
どんな立派な俳優でも、女優でも、タレントでも、会社の重役でも。
会社員、準社員、契約社員、パート、アルバイト・・・。

ホントに1つの駒なんですよね。

そーやって世の中回ってますよね。
残念ながら。

仕事は代役が効く、自分自身は代役が効かない。

自分自身を中心に仕事を考えればラクな生き方になるんですよね。
高望みせず、今の自分に合う仕事を卒なくこなして、仕事人間なんてバカバカしいって感じで、自分の時間をしっかり掴んで生きていけたら楽しいですよね。
関連記事

質問と小室さんからの回答 #ASKglobe

フジ。27時間テレビの平均視聴率が過去最低!!!

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。