それ程・・・。
TM NETWORKのファンって訳じゃない。。。
そんな自分です。


正直、そんな感じなんですよね。

『TMよりglobe』

なのです。

だけども、キライって訳じゃなく「好きになってゆく・・・」
ここ3年間、徐々にそんな気持ちになってきましたよ。

TM NETWORKのCD、生まれて初めて買ったのが『QUIT30』
今の時点での最新アルバム。

「2枚組CD+DVD」

こちらの「QUIT30」を買ってみたんですよ。
特典CDとして、、、

[CAROL2014]A Day In The Girl's Life
[CAROL2014]Carol (Carol's theme I)
[CAROL2014]In The Forest
[CAROL2014]Carol (Carol's theme II)

これらの楽曲が収録されているんですよね。

んで。

聴きまくってると名盤と言われてる1988年発売のアルバム「CAROL」を興味を持ち始め最近買ってみたんです。
聴いてみたんです。
率直な感想として・・・。

『古臭いサウンドだなぁ』

と。

仕方ないですよね。1988年リリースなのですから。
だけども、何度も何度も聞いていく度に「いいなぁこのアルバム」と感じてきました。

ボーカル宇都宮隆さんの声が、今現在の声とほぼ変わってないような・・・。
気のせいか、どうなのか、、分かりませんが今も昔も声が変わってない感じですね。

そしてアルバム「QUIT30」も聴いて、聴き比べしてみたり。

サウンドの進化といえばいいのか、シンセサイザーの進化といえばいいのか、テクノロジーの進化といえばいいのか。
あらゆる進化がアルバム「CAROL」「QUIT30」等で感じ取り、過去にリリースされた音楽を聴くことによりTM NETWORKの魅力がわかって来るんですね!

少しずつ、TM NETWORKの過去の音楽を集めて行きたいと思うようになりました。

関連記事

チャウ・シンチー監督の「西遊記~はじまりのはじまり~」を見た。

全世界最速放送「長門有希ちゃんの消失」

comment iconコメント

コメントの投稿