お仕事の話。
約2年以上ぶりにまともな仕事に就いた。

ほぼフルタイムで働く事。
これが約2年以上ぶりだ。

その2年以上の間、ほぼひきこもりの生活をしていた。
自分は元々人とのコミュニケーションがうまくとれない人間でして、そんな人間が2年以上ほぼひきこもりの生活をしてしまうと、益々人とのコミュニケーションがとれないんだなぁと感じた。

相手の話。
よく理解できる。
しかしながらその話に対応出来る言葉が見つからないのだ。

「よろしくお願いします」「はいそうですね」「そうかも知れません」「すみません」「ありがとうございます」

気が付いたらその5つの言葉のみで対応している自分が居るのだ。
これだけでは人とのコミュニケーションが取れるはずがない訳で。

ひきこもった2年以上の間チャットやネット配信、Twitter等しか利用してなかった事にも気が付いた。
チャットやネット配信、Twitterの場合、短文で書き込む事が多く、きっとそれらのクセが出てしまったのだろうか?

とも考えたことがあった。

が、しかしそれは絶対に違う!
ただ単純に生身の人と正面向いて会話をしてないせいでどの様に対応したらいいのか忘れてしまっただけだと思うのだ。
自分は元々人とのコミュニケーションがとれない人間であるわけでポンと忘れてしまったのだろう。

現在、ほんのちょっとそれが悩みではあるが、人間て成長するモンだから、やがて慣れうまくコミュニケーションが取れるだろうと信じてる。
関連記事

生活保護で贅沢な生活が出来る理由

人に貸せないモノ。見せられないモノ

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。