ここ最近。
知らず知らずに、体調が悪い。
やっとの思いでブログを書いてる感じ。












情緒不安定?
精神的ななにか?

よく分からないけど、気持ちの持ちようかも知れないし、季節の変わり目だからかも知れないし。

“秋”だからなのかも。

孤独感、孤立感、虚無感。
ネガティブな感情ばかりで、情感は皆無。

なにもする気が起こらないし、なにをしても楽しい気もない。

なにかをする事が億劫になってる状況下なので、やる事する事は限定されてるし、日に日にやる気力が少なくなってきてる。
積極的になにかをしてきた時期と比べて3分の1以下、4分の1以下くらいしか今はやってないだろう。

それでいて。

誰とも話をしたくない。
話しかけられたくない。

雑踏の中のガヤガヤした音。
クルマのエンジン音や信号機の音、踏切。

これら全て遮断したいという気持ちが大きい。

なので、外出はいつもイヤホンをしている。
音楽を聴いている。

人の声や音を遮断したいのにも関わらず、音楽を聴いているのだから矛盾かも知れない。
でもこれは外部との接触を極力減らし、自分だけの空間を作りたいという気持ちの現れだと勝手に解釈している。

他人に自分自身の事、考え方、想い等話せない。話せなくなった。

15年~20年くらい前から。
自分自身の事、考え方、想いは自分から率先して話さなかった。
それでも勇気を振り絞って話す事は出来ていた。

人見知り、引っ込み思案な性格だから仕方ないと思い続けていた。

ここ2~3年。

「いや違う、そうでなくて」
「手が離せないから後にしてくれる?」
「時間が無いから今度に」
などなど・・・。

自分自身の事、考え方、想い等話したり話そうとすると、いつもではないけれども上記のような返事が来る。
誰にだって言われるような、ありきたりな返事。でもちょっと否が含まれてるニュアンス。

自分も過去数十年、幾度となく言われてきた。
そして言われると嫌悪感を抱いていた。何度も。

ここ最近2~3年前から。
嫌悪感から虚無感、絶望感のような感覚に陥ってしまう自分が居る。

人格までも否定されたような感覚。
まるで人扱いされてないのでは?
パソコンや機械のような無機質な物体のように見られてるのでは?

そこまで思い詰めてしまう事が多々ある。

数カ月前からスゴくカラダが重い。

最近太って体重の意味でも重いけれども、そうではなく。
「いや違う」「後にしてくれる?」「時間が無いから」等・・・。
このような事を言われるとネガティブ思考になってしまう自分が重い。
2~3日、もしくは4~5日引きずる。

引きずってる期間。
それが“体調不良”なのかも知れない。

そして、繰り返し繰り返し・・・。
もう、どうにもならないのだろうな。

自分自身の性格が発端なのだから。。。

『カラダが軽い』

どんな感じだったか、今はもう思い出す事など無い程遠のいてる。

人生をやめたいと思ったとき読む本: マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ人生をやめたいと思ったとき読む本: マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ
(2013/01/11)
澤登 和夫

商品詳細を見る

関連記事

高倉健さん追悼番組と地上波テレビの価値

あったか~い飲み物が恋しい季節になりました。

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。