PCで利用するインターネットと。
スマホで利用するインターネット。
個人的に違う感覚なんですよっと。




ふとね。
上記のツイートを思ったんですよ。

インターネットというサービスが一般世間に認知され、利用されたのが約20年前。
その頃はPCでインターネットだった。
通信速度が遅くて、画像1枚表示するだけでも時間がかかってました。
そんな感じでも、文字だけはサクサク表示されたので『世界と繋がってる』という気持ちがありワクワクしながら、楽しい感じでした。

それから、ブロードバンドの時代が訪れ、画像1枚の表示がサクサクで、動画も音楽もサクッと見たり聴いたり出来るようになりました。
今から約10年前の事。
その時も多くはPCでインターネット。

20年前も10年前も“多くの言葉”が必要な感じだった。

テキスト

テキストでのメニュー表示、テキストでの説明、テキストでコミュニケーション。
こーいった事が、ずっと続いてきました。
通信速度が遅い時代、PCでインターネット利用の名残りでしょうね。

そして今。

『スマホからインターネット』

多くなりました。
私個人もスマホからインターネット利用が多いですね。

そこで思い始めたんです。

PCで利用するインターネットと。
スマホで利用するインターネット。
個人的に違う感覚。


利用するネットサービスは一緒なんですが、感覚的に、なにかが違うなって・・・。

その“なにか”ってなんだろうなって考えてみたんですよ。
考えてみた結果。

『スマホだとネットサービスは簡易的になってるんだな』

直感的に利用出来ちゃうんですよね。
しかも、それ程言葉はいらない。
例え、海外のネットサービスで、海外のアプリでも、アイコンやイラスト等を見て個人で判断し直感的に使えるんですよね。

通信速度が速くなった今の時代は、テキストでの説明よりもアイコンやイラスト等で説明する時代になったんでしょう。

スマホからインターネット利用が多くなってる。
しかも簡易的になってる。


という事は次第に・・・。



多くのテキストメニューが少なくなって、シンプルなインターネットになるんじゃないかと。

角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集)角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 (角川学芸出版全集)
(2014/10/25)
川上 量生

商品詳細を見る

関連記事

それはきっとブログなんだろうなって。

生涯ガラケーでいい!と言ってた父がスマホにした。

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。