土曜夜9時。日テレの新ドラマ「妖怪人間ベム」
楽しみにしていたから見た。

なかなか面白かったという印象。

妖怪人間ベムは1968年に最初のアニメ化。
リアルタイムで見てた50代から60代。
再放送などで見てた30代から40代。
ネット上で見てた(見てる)10代から20代。

こうやって見るとあらゆる世代が見てる「妖怪人間ベム」

そして、初の実写ドラマ化。
見た感想としては、あらゆる世代が知ってる「妖怪人間ベム」だから大人から子供、もしくは孫の代まで楽しめるドラマになっていたんじゃないかな?

亀梨くんのベム。杏さんのベラ。
素晴らしい!と思えるほどのハマリ役だった感じ。

しかしながら福くんのベロはちょっと幼すぎ?だったかも。
今後の展開で、なぜ福くんをベロ役にしたのか分かるのかな?
その辺も注意しながらこれからも見ていこうと思う。

そうそう。
アニメ版「妖怪人間ベム」あの例のおどろおどろしいオープニング。
小林清志さんのナレーションで再現したのは嬉しかった。
映像も凝っていて個人的にテンションが上がってしまう!!

「名前のない男」
柄本明さん。。。
不気味な感じ!
今後の展開でどうなるのだろうか?

もう、ホントにいろんな意味で気になるドラマです。
今後が楽しみですね!
関連記事

テレビが売れないらしい

結局なにがなんだか

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。