タイトル通り。
Windows8.1の正式版はいつリリースなのか?と思うほど「Windows」に興味がなくなった。

なぜ?

「Win8」は使いづらい。
ウリでもある、あのタイル画面は自分にとって邪魔なものだった。
アプリを起動させるために何故アイコンを探さなければならないのか?

自然な起動方法じゃないなぁって・・・。

自分にとって自然な起動方法はタスクバーにアイコン並べて探さずに起動できる環境が自然。
なので、自分はPC起動時にタイル画面を速攻スキップさせて、デスクトップ画面を表示させるように設定している。

デスクトップ画面にはアイコンはひとつも無く「ゴミ箱」アイコンすら無い自分の環境。
よく使うアプリは全てタスクバーに並べてる。

自分にとっては、これが一番使いやすいPCの環境である。
「WinXP」からその環境である為、変えようとは思わない。

この自分の好きな環境の真逆が「Win8」だと思う。
たくさんのアイコンが画面いっぱいに並ぶあのタイル画面。
画面に収まらなければスクロールして表示。

『気持ち悪い』

そんな印象を持ってしまった「Win8」。
検索して、検索して、自分の好きな環境に設定した「Win8」。

PCは買ったその日から設定もせず「使いやすい」と思わせるモノがいい。
だが、万人がそう思うことは不可能に近い訳で。

推測だが「Win8」は使いやすいモノを追求して、いろいろ詰め込んでしまったという感じである。

「慣れれば使いやすい」。
そういう人も居る。
だが、慣れるまで時間かかるのはOSとしてどうなのか?

操作ひとつひとつに時間かかれば仕事すら遅くなる可能性もあるよね。

OSは長時間プレイするゲームじゃない訳で、できるだけシンプルで「操作を覚える事」「設定する事」は最小限に!というのがOSだと思うんですがね。
関連記事

売名目的?そんなので配信すんなボケ!

J-POP、質はいいがヒットしない。

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。