あっちでもこっちでもスマホ、スマホ、スマホ。

道歩けば、歩きながらスマホ。
チャリ漕ぎながら、スマホ。
駅のホームで、歩きながらスマホ。
電車の中で女子高生4~5人、無言でスマホ。
クルマ運転中にスマホ。

いやぁ~、スマホユーザーが増えたなぁって思っていた今日このごろ。

でも、実はそんなに多くなかったようで・・・。

日本のスマホ普及率、先進国で最低 ―タブレットも最下位
http://ggsoku.com/2013/07/japan-sumaho-lowest/

総務省が作成した “情報通信白書 2013年版” の報告より、日本のスマートフォンの普及率が38.2%で、アメリカ・イギリス・韓国などの6カ国中で最低であったことが判明しました。また、タブレット端末の普及率も12.3%で最下位となりました。


40%~50%かな?って勝手に推測していたが、38.2%。
意外と少ないなぁ。というのが率直な感想。
しかも、先進国で最低の普及率だという。

一昔前前の日本の携帯電話事情は一歩先を歩いていたような感じだったのに。
世界初の着メロ開始したり、世界初のインターネットサービス開始したり、世界初のカメラ内蔵携帯を発売したり、世界初の移動体電話(PHS端末)上のテレビ電話を開始したり、世界初の3Gサービス開始したり。。。

これはスマホが登場する前の話。

スマホが登場し、しばらくすると世界各国でもスマホが普及し、スマホユーザーが増え、日本の携帯電話事情は海外と比べると全く違う文化というか進化というか、そんな道を歩んできたんだなぁと改めて思い知らされた。

ガラパゴス化
一昔前の日本の携帯電話は独自技術を多く採用し、その性能や機能は世界最高水準。
でも、世界では売れなかった。
なので、フィーチャーフォンをガラパゴスケータイ(略してガラケー)と呼ばれるようになってしまった。

日本のスマホ普及率、先進国で最低の普及率だっていいんじゃないの?
それだけガラケーの機能がスマホと同等、もしくはスマホよりも優れてるって事じゃないかな?

余談。

スマートフォン普及率では1位がシンガポールで76.8%


日本のスマートフォンの普及率が38.2%。
それでも通信障害が多々ある訳で。
シンガポールのように普及率76.8%だったら・・・。
通信障害の発生率もグッと上がりそうですな。
怖い怖い。。。
関連記事

WILLCOMユーザーの俺から見ると大した事じゃねぇーなと。

2013年6月の利用パケット

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。