新OSのスマホ、ドコモが来年にも発売へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121229-OYT1T01026.htm

 携帯電話最大手のNTTドコモは、韓国サムスン電子などと共同開発している基本ソフト(OS)を載せたスマートフォン(高機能携帯電話)を、2013年にも発売する方向で検討に入った。

 スマートフォン向けOS市場では現在、米グーグルと米アップルが合わせて約9割のシェア(占有率)を持っており、ドコモは、両社に対抗する勢力づくりを目指す。


AndroidとiOSに対向するOSを韓国サムスン電子と共同開発だそうで。

サムスン製のスマホは世界でかなり売れてるようですねぇ。
世界1位だそうですね。

その企業とスマホ向けOSを共同開発って・・・。

勝手な予想ですがdocomoはサムスンの言いなりになってないだろうか?
サムスンは日本で開発中のOSを載せたスマホが売れなくても、世界で売れればイイと思ってるんじゃないか?と・・・。
関連記事

初詣は毎年「鷲宮神社」

期待はずれの「NOTTV」その2

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。