『小室哲哉 meets vocaloid』
3月28日にリリースされたアルバム。

ニコニコ動画のコメント、YouTubeのコメント、Amazonレビューくらいしか見てないけど、賛否両論あるね。
賛否両論あるという事は「大成功の企画」と言ってもいいんじゃないかと。

というのも「好きだ」という人も「嫌いだ」という人も最低でも必ず一度は曲を聴いてる。
曲を聴かなければ「好き」という気持ちも「嫌い」という気持ちも生まれない。
そして、賛否両論という形にもならない。

「最低でも一度は曲を聴く」

これって結構難しい事なのでは?
いわゆる「アンチ」。
興味がなく、見向きもされない、曲を聴くなんて有り得ない!
そんな感じだろうかと。

だが曲を聴いたわけだ。
そう考えると、凄いことだなぁと感じた。


小室哲哉 meets VOCALOID

関連記事

期待はずれの「NOTTV」

PCで体験するホラー映画よりも怖い事

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。