「貞子3D」の予告編が公開されたという事で見てみたが後悔した。

つまらなそう。
B級映画っぽい。
貞子らしき人物が喋っているが、それがホントに貞子であれば落胆する。

リングは「呪いのビデオ」であるが、貞子3Dは「呪いの動画」になってる。
もうこの時点でオマージュというよりパクリに近く、B級映画っぽく見えてしまった。というよりも下手な同人映画のようにも・・・

予告編で貞子らしき人物が喋っているが「決して喋らず不思議な力で人を驚かせる」というのが貞子である為、もし貞子らしき人物の声が貞子本人であれば個人的には落胆。

そしてなにより、なぜこの主題歌を選んだ?
と疑問が残るほど合ってない感じである。

予告編を見て「貞子3D」を見たい!絶対見たい!と思う人はどれだけいるのだろうか・・・。

関連記事

PCで体験するホラー映画よりも怖い事

ホントは、なにひとつ興味なんて無い

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。