「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
全シリーズ見たい!と思いゲオに行ってみた。

『旧作80円だと!!』

という驚きは特に無かった。
値段はそれ程、気にならない。
通常は100円だし、頻繁にゲオを利用する事も無いし。
借りたい時に借りられればそれで満足。
「借りたい時に借りられる」それはレンタルショップの強みだからね。

さて店に入り「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を探そうと・・・

『韓流多すぎじゃ!』

ど真ん中にドドーン!!とババーン!!と。
そこを通り端っこにあるアメリカ映画コーナー。。。
ここまでは難なくと渡り歩けるが、これからが大変。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はどのジャンル?
SF?アクション?さてどっちだ?

探した、探した、探した。
なんども同じ所を歩いて・・・

「韓流」によって縮小されたアメリカ映画コーナー。
縮小されて探しやすくなったはずと思っていたが、なかなか見つからない。

このゲオには置いてないのか?と諦めかけた時
見つかった!
まるで宝探しに出かけ、ようやく宝が見つかったかの様な嬉しさがあった。
だが、その嬉しさは一気に無くなり落胆した。

全シリーズ揃ってない。
パート1とパート3はあった。パート2が無かった。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」全シリーズ見たいと思ったきっかけはパート2の舞台。
未来の話があるからだ。

2015年。

子供の頃に見た「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2」
大人になって見る「バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2」

違う印象を持つだろうと。

子供の頃2015年なんて遠い未来と感じていた。
今は違う。
2015年なんて後3年。もうすぐ!

絶対に印象が違うはず。
だから借りたかったのに、、、無かった。

「借りたい時に借りられる」それはレンタルショップの強み
の、はず。。
借りられないと悔しい。
関連記事

ホントは、なにひとつ興味なんて無い

お気に入りのコラボCM

comment iconコメント

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。