竹内結子さんは好きな女優さんだ。
って事で個人的にお気に入りCMを3つ紹介してみる。

森永乳業 アイスMOWのCM。
「なんだか知らないけど気になっちゃって」というセリフを言いながら手を動かすシーンや最後の「聞いてる?」というシーンが好きですねぇ~!


エネオスのCM。
茹でていたパスタを持ち上げながら「あ~のびちゃった」と言うシーンが好きですねぇ~


JT GREEN'SのCM。
ペットボトルに鼻をつけるシーンが最高!良すぎです!!


おまけ紹介!!
テレビで初めて見た竹内結子さんが出演してるCMを!


是非とも、もう一度だけでいいからお会いしたいものです・・・。
関連記事
スポンサーサイト

電動歯ブラシ。

自分はエントリーモデルである「ブラウンオーラルB すみずみクリーンプラス」を愛用している。
『利用している』という表現でなく『愛用』だ!

この電動歯ブラシを使う前までは100円にも満たない格安の歯ブラシを使っていたが、もうその歯ブラシには戻れないというのが正直なところ。

なので『愛用』という表現にした。

電動歯ブラシは、

 「歯ブラシのクセに高い値段」
 「替えブラシも高い値段」
 「本体が重いし、振動が強そう」
 「使いにくそう」
 「使いこなしても、そんな歯垢が取れるの?」

と、まぁその様な理由で躊躇していたが、朝起きれば口の中が粘ついたり、タバコやコーヒー等が好きなもので口臭が気になったり…。

もうイヤだった。

って事で、思い切って買ってみたら、もう戻れない!
本体の重さは気になるけれど、振動もそれ程強くなく心地いい感じ。
最初の1~2週間は使い難かったけれども慣れれば「歯みがきってこんなにラクでいいの?」な~んて思うくらい!
歯磨き後はホントに歯がツルツルになるし、そのツルツル感が意外にも長い時間持続する。

素晴らしい電動歯ブラシです。

※あくまでも個人的な感想です。


ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ すみずみクリーン D12013NE


関連リンク
電動歯ブラシ ブラウンオーラルB
http://oralb.braun.co.jp/products/oral/index.html
修造ワールドに関係者大あわて
http://youtu.be/P91GkwVkny8
【松岡修造】歯磨きムービーブラウン オーラルB 30日間チャレンジ!
http://youtu.be/Xviz2j3XG_U
関連記事

さて、15時間プレイしてみた。
連続ではなくプレイしては休み、プレイしては休みのくり返し。累計時間だ。

グラフィックの綺麗さはいつやっても「綺麗だなぁ」と感じる。
プレステ版以来のプレイなので、弱い事弱い事。

で、練習し技を覚えていく。

その様な工程も楽しい。
技をひとつひとつ覚えて対戦し勝利した時は嬉しい気持ちにさせてくれる。

だけど。

コマンドの通りボタンを押しても技が出ない。練習モードの場合でも。
自分自身が下手なのかもしれないが、簡単なコマンドでも技が必ず出る感じじゃない。
技が出る時もあれば、技が出ない時もある。
思い通りに出来ないのだ。

初心者には難しくて難しくて・・・。

でも、それはタッチパネルのカスタマイズで解消できるんですけどね。
どんな技をタッチパネルに登録するのか現在試行錯誤中です!

さてさて、ちょっと不満だなぁと思うところもある。
ストーリーモードが無い!
淡々と対戦していくだけという。

携帯ゲーム機だから仕方ないのかなぁ・・・。
何処でも気軽にプレイ出来るようストーリーモードが無いのだろうか?

対戦だけってなんか物足りなさを感じた。

それにエンディングムービーが無いのです。
対戦し終了したらスタッフロールだけ。

いまのところ、毎回同じスタッフロール。
音楽に変化がある訳でもないし、背景の画像が変わる訳でもない。

勝利し続けてもこの様な仕様じゃ「楽しみ」は減る感じです。

楽しみと言えば、同梱されている「映画」も購入前楽しみだった。
3D対応テレビを利用しなくても、特殊なメガネを装着しなくても映画を3Dで楽しめた。

15時間プレイして、これはゲームに慣れた人が気軽に対戦を楽しむようなゲームなのではないだろうか。
と感じた。
もっともっと上手くなりたいのぉ。。。
いつになった上手くプレイ出来るのかわかりませんけどけど。

そして上手くなったらネット対戦を楽しみたいですね。

う~ん・・・
その頃にはネットに繋げても相手が見つからないとかなりそうですが・・・。

関連記事

「鉄拳 3D プライム エディション」を購入した。

鉄拳シリーズはプレステ版以来。
初代鉄拳なのか、鉄拳2なのか、鉄拳3なのかは覚えてない。

しかしながらやり込んだという事は覚えてる。
やり込んだ割に上達しなかった事も覚えている。

それでも楽しかった訳で。

それから10年以上経ち「鉄拳 3D プライム エディション」を購入した。

プレイして『懐かしい』。
そんな気持ちになった。
キャラは増え、グラフィックも変わってる。
それでも懐かしさを感じた。

まだ1時間くらいしかプレイしてないが面白くて、楽しくて。
普段ゲームをやらない自分にとって「鉄拳 3D プライム エディション」は、いい買い物をしたなぁと思う。

キャラは滑らかに動くし、3D表示にしてプレイしても目が疲れにくいかなと思う。

ただ1つだけ、これだけを言いたい。
カード集めは面白さ、楽しさを感じられないんだけど・・・。



発売日: 2012/2/16
TEKKEN 3D PRIME EDITION
関連記事

国が自殺防止対策を行なっても成果を得られることは無い。

2週間以上不眠が続いたら精神科の早期受診を呼びかける「睡眠キャンペーン」で自殺者が減りましたか?
国はうつ病と自殺には密接な関係があるとして20年以上も前から実施しているのにもかかわらず、毎年のように3万人以上の人が自ら命を絶っている。

そして、先日から騒がれている自殺対策広報ポスターの制作。。。
ポスターで自殺者が減るというのは個人的に思えない。

ポスターの内容はこの様な感じ。

ゲートキーパーとは悩んでる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援に繋げ、見守ることです。
専門性の有無にかかわらず、国民の一人ひとりがそれぞれの立場でできることから進んで行動を起こしていくこと


のようですが、引っかかる部分がある。

地域住民との交流が希薄になってしまった現代。
近くの住民が「悩んでる人」に気づいて声をかけられるのか?

学校や職場で「悩んでる人」を見かけたとしても「疲れているのでは?」と捉えられてしまうのではないだろうか。

家族、友人、恋人との交流では気づきそうだけど「心配してくれてありがとう。話ししたらラクになれたよ」のような言葉が口から出たとしても本心は違ったりするし、その後元気な姿を見せてくれるだろう。
しかしながら、ふとした瞬間に自殺願望が芽生え突発的に命を落すことだってあり得る。

ならばどの様な対策をしたらいいのか?

『自殺防止対策』という事ではなく『生きたいと思わせる対策』が必要だと個人的に思う。

国レベルではなく、民間、NPO法人などが電話で相談出来るようなシステムを一層積極的に行ったほうがいいと感じる。
自殺を考えてしまうと身内ですら相談しづらいモノだし、ましてや地域住民、学校、職場で話せやしない。
見ず知らずの専門家に相談した方が気がラク。
対面ではなく電話のほうがもっとラク。

この様な形で相談すれば、個人に合った解決方法が見つかり『生きたい』と思うのではないだろうか。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。