『ANiUTa』
アニュータと呼称するようで。

アニソンに特化した定額制音楽配信。
月額600円と安価なお値段。

これまであった定額制音楽配信サービスには“アニソン”があったりなかったり。
聴きたいアニソンがあって検索した結果に「見つかりません」は多々あって悲しい思いを何度も経験した。

『ANiUTa』
ほぼほぼ見つかるのは嬉しい!

ただ・・・。
「日本コロムビア」「ソニーミュージック」「キングレコード」が参加してない。。。
ラブライブ!の曲はあるけどアイマスが無い!というような感じです。
今後、参加していただきたいですね。

使い勝手。

さくさくと軽く、使い勝手は良い。
検索もカラオケのリモコンのような感じで探せるのがありがたい。

曲タイトルを知らなくても、忘れても、アニメの作品名やアーティスト名で探せるのは嬉しい。

現在までにリリースされたアニソンがすべてある訳ではないですが、今後のサービス展開次第では『神アプリ』となるかもしれませんね。
スポンサーサイト

定額制音楽配信で世界的に有名な「Spotify」
これまでいろんな定額制音楽配信を利用してきたが、どれもいまいちで自分には合わなかった。
だが、Spotifyは一瞬にしてトリコになったのだ。

新曲が聴きたいわけじゃない。
アーティスト別で聴きたいわけじゃない。

ジャンルで聴きたかったのですよね。

「SHOUTcast」のように、好きな音楽ジャンルを垂れ流しで聴きたかったのですよ。
「リスラジ」も愛用していましたが、、、RAMは食うし広告が多いので辞めました。

SHOUTcastが聴けるスマホアプリ。リスラジという名のスマホアプリ。
両方共好きなジャンルの音楽を垂れ流しで何時間でも聴けて愛用してました。

「Spotify」もそんな感じだったので一瞬にしてトリコです!

「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」両バンドのボーカル、川谷絵音。
活動を自粛するそうだ。

だが。
今じゃない!
ツアー終了後の12月に自粛だという。

これじゃ、単なる「休暇」じゃねーか!

ベッキーは即活動休止。
ほのかりんも即活動休止。


なんで事の発端である川谷絵音がのんきに活動してんだよ!


『必ず戻ってくるので、待っていてください。』

戻る気満々ですね!
反省しているのか?

いやはや、ホントにゲスい男だ。

20160803-gb4.jpg

globe

1995年8月9日から追いかけていたglobe。

デビュー当時はダンスミュージック中心で、1stアルバム「globe」でバラードも聴かせてくれていた。
2ndアルバム「FACES PLACES」は完全にロック。
その後、小室さんの実験的で冒険的なサウンドにKEIKOさんの力強く優しい声が重なる。
21世紀に突入した頃globeはトランスに挑戦していた。
まさに、この頃は挑戦だったと思われる。
カヴァー曲「Stop! In the Name of Love」をトランスにアレンジしたのだから、これは挑戦という言葉がふさわしい。
ミニアルバム「new deal」。ラテンだ!ラテン音楽だった。

総括すると、globeは「ダンスミュージック」「バラード」「ロック」「トランス」「ラテン」
多ジャンルの音楽に挑戦していたと言える。

『Remode 2』

『Remode 1』と比べると、かなり冒険的な感じだと思った。
でも、そんな冒険的でも、なんというか、すんなり馴染むようなそんな感覚。

先に述べたようにglobeは多ジャンルな音楽に挑戦し聴かせてくれていた。
だからなのだろう。
冒険的なサウンドでもすんなり馴染むのだろう。














































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。